〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-22-24 ATS広小路ビル6階

グローバルリープ合同会社|当社で取り扱うフィリピン収益物件情報について

  • HOME
  • グローバルリープ合同会社|当社で取り扱うフィリピン収益物件情報について

将来の老後に備え、フィリピンの収益物件(コンドミニアムなど)を持ちませんか?

フィリピン大手ゼネコンの「DMCIホールディングス」日本総代理店 株式会社 Phi Homesと提携し、フィリピンの都市部を中心にコンドミニアムや、リゾートマンション、収益物件などをご紹介しています。

DMCI Homesならではの不動産開発戦略

首都マニラの電気・ガス・水道・道路・橋・地下鉄等のあらゆるインフラを開発し続け、フィリピン政府と今後のインフラ開発計画も共有しているDMCI Homesだけが、5年後のマニラの新たな発展地域を全て熟知しています。
DMCI Homesは、5年後にインフラ整備が完了することが決定している未開発の土地を現時点での低価格にて取得し、インフラ整備に合わせてコンドミニアムを建設します。
インフラが整備された地域には非常に多くの方々が移住してきます。創業者の想いを一貫するDMCI Homesは、そうして移住してくるフィリピン人が充実した生活を送れることを心から願い、彼らのために高水準な住居を安価に用意するのです。
フィリピンでは海外投資家向けの1,500万円以上の高額物件が乱立しており、高い空室率と不動産価格の低下が日々各メディアにて報道されています。
しかし、DMCI Homesの物件はフィリピン人の居住ニーズに柔軟に応え、フィリピン人からの居住ニーズが突出しています。その証拠として、競合他社の不動産市況とは異なり、DMCI Homesコンドミニアムの空室率は1%未満であり、賃貸相場・不動産価格ともに年々順調に上昇しています。

これは一重に、DMCI Homesが
フィリピン人を心から愛し、
同じようにフィリピン人からも
愛されているからこそ実現できているのです。